白響:令和6年4月 今月の言葉

亡己利他(もうこりた)

ー自分を勘定に入れず 人に施すー

 

令和6年4月

 

東日本大震災から13年

能登半島地震から3ヶ月

地震の爪痕は各地に残っています。

 

そんな現状の中

様々な形でボランティアを

継続されている方々がおられます。

本当に頭が下がる思いです。

 

天台宗の開祖最澄の言葉に

「亡己利他」があります。

自分のことは後回しにして

まず人様に喜んでもらうことをする

そこに幸せがある。

つまり自分の欲を優先させては

幸せは生まれないと言うことです。

 

世知辛い昨今

家庭でも職場でも学校でも

この言葉を頭の片隅に置いて

自分にできる

ささやかなことから実践し

互いが穏やかで気持ちの良い

日常を送りたいものです。