白響:令和3年4月の言葉

   「今」を

       「桜」が咲く

 

令和3年4月

 

今年も桜が咲いている

何事もなかったかのように

「桜」が「桜」として輝いている。

 

人は過去、現在、未来

三世の時間軸で生きている。

一瞬、一刹那に

生まれては死に死んでは生まれている

この連続が生きている証。

 

時間の使い方は命の使い方

過去のことを振り返って

しがみついていると

今の自分を見失い

未来に対して思い悩んでも

不安、心配事が増えるばかり

だからこそ今を

懸命に丁寧に生きよう。

 

「今」をどう生きるか。

 

唯一無二のかけがえのない命

どんな時も桜のように

輝いていたいものだ。